ArcMapの起動

ArcGISは複数のモジュールから構成されるGISソフトですが、この実習では その中でもArcMapを中心に使っていきます。 空間データの表示、空間解析など、ほぼこのArcMap上で作業していきます。

まずは、下の画像のように、「スタート」から「ArcGIS」、そして「ArcMap」 を選択して起動させてみましょう。 ArcMapの起動

すると、下の画像のようなウィンドウが現れます。これで準備が整いました。 ArcMapの起動後

ついでに、ArcGISの中には、ArcMapだけでなくその他のものもあります。簡単に 紹介します。

今は、上記の区別はわからなくて結構なので、とにかくArcMapを使ってしばらく は作業していくと覚えていて下さい。

shpファイルの追加

ここでは、実際にデータを使用した作業に移っていきます。まずは、GISで使用 されるデータを空間データとして、その空間デー タの構成を理解してもらいます。

空間デー[ = 図形データ + 属性データ

さて、ここから先ほど自分のフォルダにコピーしたデータを表示していきます。 ArcMapで利用可能なデータのうち、ここでは shpファイル というデータを表示させていきます。

コピーしたデータをよく見ると、下記のような拡張子がついたファイルが存在し ているのがわかります。

GISの特徴でもありますが、様々なデータを同時に重ね合わせて表示させたり、 複雑な条件を与えて検索、解析したりできます。先ほどコピーしたデータは、

のような内容のデータです。

これらのデータをまとめて表示させます。そのために、まずデータを追加してい く必要があります。方法は二つありますが、まず一つ目は データの追加のボタンを クリックする方法です。もう一つはメニューバーから指定する方法ですが、

「ファイル」→「データの追加」

を選択する方法です。いずれにしても、下の画像のようなウィンドウが現れ、 データがある自分のフォルダを指定します。しかし、ウィンドウに自分のフォルダが 表示されないことがよくあります。そのときは、 下の画像のうち、赤く囲まれた部分をクリックすることで、自分のフォルダに 接続できるようになります。 自分のフォルダに接続

自分のフォルダが表示された後に、下の画像のように、すべてのshpファイルを 指定します。Shiftボタンを押しながらクリックすると、複数のshpファイルを 指定できます。 「データの追加」のウィンドウ

その結果、下の画像のように、千葉市の各種データが表示されます。各データは、 1枚1枚のレイヤとして扱われます。 shpファイルを追加した状態

表示範囲を拡大するには、 拡大をクリックして 対象範囲をドラッグするか、 定率拡大をクリック します。逆に縮小するには、 縮小をクリックして 対象範囲をドラッグするか、 定率縮小をクリック します。


このページの最後になりますが、上の画像のように、 複数のレイヤーから構成されるデータ全体を保存する手順を説明します。

まず、「マッププロパティ」で各レイヤーデータをどのように 保存するか指定することをお勧めします。下記のように、

「ファイル」→「マッププロパティ」

を開いてください。

「マッププロパティ」を開く

次に、「データソースのパス名」を尋ねられます。「絶対パス」で保存すると、 各レイヤーデータの絶対パスに基づき保存されるので、データを移動すると 表示されなくなります。それに対して、「相対パス」で保存すると、 各レイヤーデータと全体を構成するファイルの相対位置関係が変わらない限り、 データが正しく表示されます。したがって、データの移動に対して より有効な「相対パス」を選ぶようにしましょう。
「相対パス」でのデータ保存を指定

そして、最後に

「ファイル」→「名前をつけて保存」

を選択します。現れたウィンドウで、保存先のフォルダと保存名を指定します。

.mxdという拡張子がついた ファイルとして保存されることになります。ここでは chiba.mxdというファイル名で保存した と仮定します。今後のWebページでも、このファイル名が出てきますので、注意 しましょう。


[地理情報システム ArcMapの使い方] [地理情報システム論 ホームページへ]
須崎純一 京都大学大学 工学研究科都市環境工学専攻 環境情報学講座